カードローンランキング

atm利用からアイフルを利用する時は手数料に注意が必要!

アイフルのatmを利用してお金を借りたり返したりすると、使用するatm端末によっては「手数料」が発生します。現在、1万円までは108円の手数料で済みますが、それを超える金額取り引きする場合には216円の手数料が必要になります。手数料が発生するのは「提携ATM」を利用した場合のみで、アイフルの専用ATMを利用する場合には手数料は発生しません。その為、出来るならば「アイフル専用ATM端末を利用する」という方法の方が、コストを低く抑えることが出来ます。アイフルに限らず、消費者金融や銀行などを利用してお金を借りる場合、完済するまでの「返済総額」を十分に意識することが大切です。借りたお金には金利によって発生する「利息」がかかってくるため、実際に借りたお金以上の金額を返済しなければなりません。その為、仮に50万円を借りたとしても、金利18%で契約していれば年間で約9万円の利息を支払う必要があり、単純計算で59万円を支払わなければ完済することが出来ない計算になります。実際には、元金の変動がある為それ以下の金額で済むことが多くなるものの、常に融資上限金額付近で推移している状態であれば59万円に近い金額を支払う必要があります。あくまでも50万円の借入がある状態で年間に発生する利息が約9万円となる為、その状態を2年継続すれば18万円の利息を支払うことになります。6年間、そういった状態が継続すれば借入金額の約2倍の返済を行わなければ完済できない計算になる為、「一日でも早く完済すること」が消費者金融を利用していく上で非常に重要なポイントになってきます。利息だけでもそれだけの負担がある中、手数料と言った余計なコストを負担していくことは更に多くの返済が必要となる大きな要因になります。一回あたり108円の負担だとしても、年間で見ると約1100円のコストが発生し、6年間ならば約6600円のコスト増加となってしまいます。この6600円を手数料としてではなく返済として元金を減少させることに利用すれば、差し引き約13000円のコスト削減につながる為、一回分の返済以上の金額を充当することが出来ます。元金が減少すれば発生する利息も少なくなるため、それによって更に返済スピードが促進されることになる為、完済までの負担をより多く軽減することが可能です。アイフルの専用ATMを利用する為には、無人店舗まで行く必要があるなどの手間はかかってくるかもしれませんが、だとしても「より完済までのリスクが少ない方法」をとることは非常に重要なポイントになってきます。

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?

atm利用からアイフルを利用する時は手数料に注意が必要!関連ページ